学校長挨拶 学校長 佐久間 研二

ようこそ!木更津高専へ

本日は、木更津高専の「祇園祭」にお越し頂きありがとうございます。

祇園祭は、本校の学生達が自主的に日頃の学業・研究・課外活動の成果を発表し、様々な企画を実行し展開する場です。地域の方々、木更津高専を目指す生徒さん達等多くの方々に、楽しみながら木更津高専を知 って頂ける、またとない機会です。

祇園祭の企画の中には、実験室・研究室の公開や専門の科学技術を駆使し高専ならではの科学の世界を展開するものがあります。1・2年生はクラス毎に知恵を絞って、創意工夫を凝らした企画を用意しています 。是非、お楽しみ頂きたいと思います。

さらに、文化部・運動部・同好会や留学生を含む有志達が、日頃の課外活動の成果を御披露するほか、飲み物や食べ物も提供しています。

日頃、あまり訪れる機会のない高専のキャンパスを直接御覧頂き、木更津高専を身近に感じて頂ければと思います。学生達にも気軽に声をかけて頂ければ幸いです。

開催にあたり御迷惑をおかけする近隣住民の方々に、この場をお借りして篤く御礼申し上げます。

木更津高専は、創立51年目です。これからも地域とともに歩んでまいります。御理解、御協力の程、よろしくお願いいたします。

学友会長挨拶 学友会長 佐々木 遼太

祇園祭へようこそ!

今年のテーマは「Fes of the Amusement Factory ~今だけあなたも高専生~」です。今年はテーマの通り祇園祭に来てくださった方々全員に高専や高専生について、体で感じとってもらいたいと思っています。

昨年に50周年を迎え、今年が51年目になります。今年からまた新たな歴史を皆様の手で作っていきましょう!

また、わからないことがあれば実行委員会、または学友会にお気軽にお声掛けください。彼らは一目で実行委員会、学友会とわかるようなものを身にまとっております。祇園祭実行委員会、教職員、学生、そして ご来場いただいた皆様にとって思い出の二日間になるように精一杯楽しんでいきましょう。

実行委員長挨拶 実行委員長 鹿内 豊

祇園祭実行委員長の鹿内豊です。

祇園祭は昨年で50周年の節目を迎え新たな時代へと突入しました。その第一歩の今年の祇園祭のスローガンは「Fes of the Amusement Factory~今だけあなたも高専生~」です。

今年は祇園祭に来て頂いているお客様、保護者の方にも未知の生命体である高専生になりきって、理解してもらいたいと思い決定しました。

我々は周囲の方の協力でここまで頑張ることができました。

学生課の方、教員の方、学生の方など様々な方の協力で全てができています。

私もその方々の姿勢に圧倒され頑張ることができました。

この2日間は一瞬一瞬を味わい、ぜひ素敵な祇園祭をお過ごしください!